M男募集掲示板

M男募集掲示板で受け身の男性と出会える様にまとめました

M男募集掲示板は受け身の男性やマゾっ気のある男性と会えます。M男募集の時にすぐに作れる掲示板のアプリをランキングにしてまとめました。

 

 

1位 PCMAX

総合評価:★★★★★


 

2位 ハッピーメール

総合評価:★★★★★


 

3位 ミントC!Jメール

総合評価:★★★★☆


 

4位 ワクワクメール

総合評価:★★★★☆


 

 

M男募集で見つけた男性とセフレ関係と成り夫の肉棒の代わりをしてもらっています

夫が単身赴任をした事により、私は夫とエッチが出来なくなり、夫の肉棒が恋しく感じる様になりました。
そこで私は夫の肉棒の代わりになる男性を、M男募集で見つけようとしたのです。
M男募集で出会った何人かの男性と関係を持ってみましたが、夫の肉棒以上の男性は中々見つかりませんでした。
しかしこれで最後にしようと思った時にM男募集で出会った男性が、夫の肉棒以上だったのです。
彼は年齢も体格も夫に近く、また肉棒の太さや長さも夫の肉棒に近かったのです。
私は久々に夫の肉棒をアソコに感じたような気がして、嬉しさが心に広がりました。
そんな私は彼の肉棒を夫の肉棒と思うようになり、彼の肉棒をこよなく愛するようになりました。
彼とエッチをする時は、先ず私が彼の肉棒を愛してあげるのです。
私が彼の肉棒を指と口と舌とで愛してあげると、直ぐにむくむくと大きく成長してくれます。
彼の肉棒はまるで私の愛ですくすくと育つ子供の様でした。
肉棒が大きくなった後も私は更に愛し続け、彼の肉棒から性欲の塊が飛び出すまで愛し続けたのです。
その後は彼の肉棒で私のアソコの中を愛してもらい、私は肉棒を愛し、肉棒に愛されているのです。
彼は私が肉棒を愛し続けたおかげでセフレとなってくれ、夫の代わりを果たしてくれるようになりました。
今ではセフレである彼を家に呼び、単身赴任前に夫と愛を語っていたベッドで、愛するようになっています。
彼の肉棒を愛してしまった私は、セフレが居ればそれでいいと思うようになって来ており、夫の存在が段々小さくなって来ているのです。
「滋賀県|30代|女性|主婦」

 

夫の代わりにM男募集で出会っセフレに愛されています

私はベッドの上で男性に愛させる事を人生で最大の楽しみと感じているにもかかわらず、最近夫は私の事を抱いてくれなくなってしまったのです。
それで私は人生の楽しみを失くしてしまい、途方に暮れていました。
ですが夫ではない他の男性に愛されればいいのだと考えるようになり、私はM男募集で私の事を愛してくれる男性探しを始めたのです。
とはいえ私にもタイプの男性がおり、男性なら誰でも良い訳ではなかったですから、たくさんの男性が集うM男募集と言えども、中々男性と巡り会う事が出来ませんでした。
しかしそうこうしている内に、M男募集で私の事を見かけた男性が、私に声を掛けてくれたのです。
その男性は私のタイプにぴったりと合い、この人に愛されたいと思いました。
とはいえ女の私から露骨にアプローチするのもはしたないかと思い、彼からアプローチされるのを待ちました。
そして暫く彼と話している内に、やっと彼からホテルへと誘われたのです。
私は心の中で「待ってました」と喜び、彼の誘いを直ぐに受けました。
ホテルの部屋で私は彼に服を脱がされ、ベッドに仰向けに寝かせられました。
それから彼が徐に服を脱ぎ、裸になったのです。
そして私に覆いかぶさる様に私にキスをして来ました。
その後は彼に胸を揉まれ、乳首を散々いじられ、アソコを舌で何度も舐め回されました。
この段階で私はもう夢心地で、彼のおちんちんが私のアソコに入った時瞬間にイッテしまったのです。
それから彼は私の中でイッタようですが、その時はもうイッタ後だったので、よくわかりませんでした。
私は久々に男性に愛されたのでうれしくなり、彼に大人の恋人になって欲しいと頼みました。

彼はそれを聞いて「こちらこそ」と言ってくれ、めでたく大人の恋人関係と成る事が出来たのです。
今の私は夫の代わりに大人の恋人に、毎日の様に愛され、幸せな日々送っています。
「北海道|30代|女性|主婦」

 

出会い系アプリで出会った童貞の男の子のこと

私は先月20歳になったばかりの専門学校生です。
去年から友達に誘われて出会い系アプリで遊ぶようになりました。
彼氏は特に欲しいとは思っていなく、大人の男性と遊びいろんな経験をして自分が大人になっていく感じが、自分では満足していました。
たくさんの年上の男性、時には2周り以上年上の人とも遊びました。
それもあり、同年代の人には魅力を感じることなく、エッチも子供じみたものに感じるようになりました。
同年代の人とエッチしても、早かったり、テクニックがイマイチだったりで、相手を見下すようなことを言ってしまうような嫌な感じにいつのまにかなってしまいました。
2ヶ月ほど前にアプリで出会った男性は、私より1コ下の19歳でした。
相手は童貞ということもあり、私は半分からかうつもりでその男の子と会ってみました。
見た目は、童貞っぽくは見えなく、しっかりした感じに見えました。
しかし、いざしゃべって見ると、モジモジした感じがあり、女性は苦手であまり話したことも無いとのことでした。
私は、何だかその頼りなさを見て、何とかしてあげようという思いが出てきて、彼とエッチをすることとしました。
彼は、もちろんラブホテルに入ることすら初めてであり、ガチガチでした。
部屋に入って私はやさしく彼にキスをしましたが、彼は私に全く手を出してきませんでした。
それからは、私がリードして彼に対して1からエッチの仕方を教えてあげました。
彼は、私の教えるとおりにがんばってくれて、彼のことをかわいく思うようになりました。
その日の後も、彼に何度か会っています。

次第に、女性に対する自信もついてきているようで、私も彼にお姉さまとして協力をしていきたいです。
東京都、20歳、女、専門学校生